FC本部からのメッセージ

私たちの想いに共感いただけ、新しい人生にチャレンジする気概をお持ちの方をお待ちしています。

FC事業部責任者より

「保護者・生徒」、「オーナー様」、「FC本部」。個別指導Axisに関わる全ての人の“Triple Pleasure”をめざして。

数ある学習塾の中から、わざわざ「個別指導Axis」を選んでくれるお客様がいます。保護者や生徒の気持ちに応えるべく、オーナー様は学習指導のプロとして、「できることは何でもしたい」と全力を尽くします。

そうやって活動していくと、自然とその想いと活動は地域に伝播し保護者が保護者を、生徒が生徒を呼んでくれるようになるのです。成果が出たとき、子どもが成長した姿を見られたとき、感謝の言葉を伝えられた時、オーナー様から「本当に温かい気持ちになった」「自分でも気づかないうちに自然と涙が流れた」という言葉をいただきます。

アクシスを経営すると「人」と向き合う機会が増えます。
「人」とは、保護者・生徒のみならず、共に歩む講師や地域の方々などその範囲は広く、「人」と真剣に向き合い想いをぶつけていくことでしか得られない喜び・満足感があります。生活のために働くのも仕事の本質かもしれません。しかしせっかく人生の多くの時間を投資するなら「人のためになっている」という喜びや満足感を得たくはありませんか。そういう想いがある人なら、きっとアクシスの仕事は、やりがいのある喜びにあふれた仕事に違いないと私たちは考えています。

「アクシスがこの地域にできてくれて本当に良かった」と心の底から思われること。アクシスが日本全国に広がっていき、そこで働くオーナー様や講師たちが日々、喜びや満足を感じられること。全国からの喜びの声を聞くことで、FC本部スタッフも、常にやりがいと誇りを感じながら働けること。

これが私たちが目標として掲げる「Triple Pleasure」です。
この「Triple Pleasure」の実現をめざし、日々活動しています。

個別指導Axis FC事業部責任者 津江芳典

図:Triple Pleasure

「少し変わったフランチャイズですね」と言われることがあります。

これは、私たちの活動に興味を持っていただいたオーナー様の言葉です。説明会や相談会の際、すぐに物件を提案し加盟の決断を促す企業が多い中、「良い意味でも、悪い意味でも、アクシスさんはほっといてくれますよね」と。私たちは、決して一人ひとりのオーナー様のことを忘れている訳ではありません。

「Triple Pleasure」を大切にしているからこそ、同じ「志」のもと、パートナーシップを組んでいけるか、お互いに確認する時間をもちたいのです。
だから、お互いを理解できていない段階で、すぐに物件を提案することはありません。また、成功するならどんなフランチャイズでも良いという方とは僭越ながらパートナーシップを結ぶつもりはありません。

一方、同じ志のもと共に歩んでいただけるオーナー様には、心の底から成功してほしいと願っています。だから、縁あってアクシスで開校いただけるオーナー様には是非ともPleasureを感じていただけるように、さまざまな取り組みをしています。
例えば、アクシスでは直営校の未出校エリアでの開校は、原則として認めていません。なぜなら学習塾が成功するためには、地域の教育情報やリアルな受験情報が必要だからです。さらに広報活動に対する反応が、ある程度予測できなければ成功するまでに時間がかかり過ぎるリスクがあるからです。

また、子どもたちと向き合う姿勢や対応など校責任者に必要な力を把握いただくために、加盟前の現場実習を設けています。アクシスの校舎で働いていただくことで、ご自身の人生の時間を投資するのに足る仕事なのかを判断いただけます。

自身の資産を投資して、新しい人生を切り開いていく。それは本当に大変な勇気と覚悟が必要だと思います。「教育を通じて、またこれまでの自分の経験を生かし、地域の子どもやそこに集う講師の成長に貢献したい」という想いのある方であれば、ぜひ、私たちの話を聞きに来てください。

ビジネスとしての成功はもちろんのこと、私たちが「教育」を通じて実現したいこと、またそのために「個別指導Axis」の教室で日々実践していることを具体的にお伝えできると思います。
数多くの方との出会いがあり、その出会いの一つひとつが皆さまのPleasureにつながりますように。

次のカテゴリ ワオ・コーポレーションについて

塾を経営するということ

  • 学習塾の市場
  • アクシスの売り上げ推移
  • 塾業界の今後とアクシス
  • FC本部からのメッセージ

wao nanaco会員証


説明会のご予約

一人ひとりに合わせて個別に詳しく
ご説明させていただきます。

  • 北海道・東北
  • 首都圏
  • 北関東・甲信越
  • 東海・北陸
  • 近畿
  • 中・四国
  • 九州・沖縄

説明会の流れ